2018.9.17 (MON) KOJOE「here」RELEASE PARTY in FUKUOKA
Adv: ¥3,400 (1drink order), Day: ¥4,000 (1drink order) HIP-HOP Early Believers
440 x 917ko
2018.9.17 (MON) 2018-09-17 18:00~
KOJOE「here」RELEASE PARTY in FUKUOKA
HIP-HOP

■Release Live: Kojoe
■Feat.: AKANE, Awich, ISSUGI, BUPPON, WAPPER
■Guest Artist: Olive Oil, Popy Oil, BUPPON, illmore, YELLADIGOS
■DJ: 3104st
■Dance: th6w-back, Afro jack classics
■Shop: JAZZY SPORT, Don’t Find, Chilly Source

Adv: ¥3,400 (1drink order), Day: ¥4,000 (1drink order)
Kieth Flack Early Believers
開場: 18:00
開演: 18:00

ABOUT 2018.9.17 EVENT

豪華客演陣を招き、大きなインパクトを残した傑作 - KOJOE 『here』最後となるであろうリリースパーティーは福岡!!早くも次回作のアルバム発売がアナウンスされる中、日本各地そしてオーストラリアでの巡業に、もはや伝説的となった東京公演を経て、自身も一時期を過ごした街での開催が決定!!第1,2弾アーティスト発表には、客演にAKANE&Awich!親交の深いOILWORKSよりOilve Oil,Popy Oil!山口からはBUPPON,大分からはillmoreが出演!!更には終演後、Kieth Flackにてアフターパーティーを予定と、DAY&NIGHT 目の離せない豪華な一日を共に楽しんでほしい。


【TICKET INFO】


■ローソンチケット L-CODE 83191 (http://l-tike.com/search/?lcd=83191)


■Livepocket https://t.livepocket.jp/e/917here_fk


 


ショップ … 7/12(木)販売開始予定


■DARAHA BEATS 福岡市中央区今泉1-23-4 remix天神4F 092-406-5390


■Don't Find 福岡市中央区中央区大名1-8-42-411 092-405-0809


■KIETH FLACK 福岡市中央区舞鶴1-8-28 マジックスクウェアビル 1/2F 092-762-7733


■SQUASH DAIMYO 福岡市中央区大名1-12-36 ニューアイランド大名206 092-724-9552 


■SQUASH IMAIZUMI 福岡市中央区中央区今泉1-2-8ANDON 1E 092-734-3037


■TROOP RECORDS 福岡市中央区大名1-3-4シェルタービル3F 092-725-7173


 


【会場】


Early Believers 〒810-0001 福岡市中央区天神3-5-19


Mail: info@e-b.jp Tel: 092-738-7337 Fax: 092-732-5116


 


【アフターパーティー】


2018.09.17 (祝/月) OPEN 22:30 


at Kieth Flack  *Early Believersの半券提示でディスカウント有


 


■「here」info


日本語ラップ・シーン最高峰のMC、KOJOEが色んな土地を流離い、探し求めてきた自分にとっての居場所=「here」とは…実に4年半ぶりとなる待望のオリジナル・アルバム『here』、リリース決定!同業者からも圧倒的な支持を受けている日本語ラップ・シーン最高峰のラッパー、KOJOEの4年半ぶりとなる新作『here』はアートとエンターテイメントを高濃度でブレンド!5lackやISSUGI、BES、FEBB、OMSB、MUD、RITTO、PETZら、KOJOEに共鳴するラッパーたちが参加!新潟生まれ、NYクイーンズ育ち。NYのインディペンデント・レーベル、RAWKUSとの契約でも知られ、帰国後は英語と日本語のミックス、ラップと歌の二刀を使い分けた高いスキルのラップ・スタイルを武器に数々のアーティストと共演。シーン内で圧倒的な支持を受けつつも完全インディペンデントなスタイルで活動を続けている孤高のバイリンガル・ラッパー、KOJOE(コージョー)。13年リリース作『51st State』以降は『blacknote』を筆頭とするOLIVE OILとの数々のジョイントや5lack“Feelin29”への客演などで新たなファン層を築きながらコラボ作品やストリート限定盤等のリリースが続いていたが、実に4年半ぶりとなる待望の自己名義のオリジナル・アルバム『here』のリリースが決定!自由気ままに色んな土地を流離い、探し求めてきたKOJOEにとっての居場所=「here」。そこで気づいたのは自分自身にとっての「here」とは地元のことでも、特定の場所でもなく、居場所は音楽そのものでありHIPHOPそのものであった。アートとエンターテイメントの両面性を兼ね備えたそのニュー・アルバムには5lackやISSUGI、MUD(KANDYTOWN)、FEBB、BES、OMSB(SIMI LAB)、RITTO、PETZ(MONYPETZJNKMN)、YUKSTA-ILL、MILES WORD(BLAHRMY)、SOCKS、Bupponら、地域/世代/クルーの枠を越えてKOJOEに共鳴するシーン屈指の実力派ラッパーたちが多数参加!

KOJOE

新潟生まれ、NYクイーンズ育ち。07年にNYのインディペンデント・レーベル、RAWKUSと契約し、コンピレーション『Rawkus 50 Mixtape Vol.1』に参加するも、その後にRAWKUSが閉鎖。09年に帰国後は英語と日本語をミックスし、ラップと歌の二刀を使い分けた高いスキルのラップ・スタイルを武器に数々のアーティストと共演するも、完全インディペンデントなスタイルを貫き通した孤高のラッパーとして日本のシーン内で特異な存在を確立。同業者からも圧倒的な支持を受け、様々なレーベルから様々な名義で作品をリリースし、近年はOLIVEOILや5lackとのリンクで新たなファン層を広げた。17年11月にアルバム『here』をリリース。この年を代表する日本語ラップ・アンセムとなった"BoSS RuNDeM"でのAKANE、Awichを筆頭に5lack、ISSUGI、BES、FEBB、MUD、OMSBら地域/世代/クルーの枠を越えた多彩なゲストが参加し、各所で高い評価を獲得。同作に参加した殆どのアーティストがゲスト出演した渋谷WWWXでのリリース・パーティの模様は、OLLIE誌で10ページもの特集されるという異例の大反響を得た。また『here』からキャリアをスタートさせたMIXエンジニアとしての才も発揮し、専門誌「サウンド&レコーディング」のカバーも飾った。