2019.4.24 (WED) Hostess Club Presents Matthew Herbert Japan DJ Tour 2019
Adv:¥5,300 (1drink order), Day:¥5,500 (1drink order) DANCE / ELECTRONICA / HOUSE / JAZZ / TECHNO 1/2F
440 x matthew herbert poster 0219
2019.4.24 (WED) 2019-04-24 20:00~
Hostess Club Presents Matthew Herbert Japan DJ Tour 2019
DANCE / ELECTRONICA / HOUSE / JAZZ / TECHNO

■DJ: Matthew Herbert, T.B. (otonoha / under bar)

Adv:¥5,300 (1drink order), Day:¥5,500 (1drink order)
Kieth Flack 1/2F
開場: 20:00
開演: 20:00

ABOUT 2019.4.24 EVENT

ticket board先行(抽選)で購入された方へ、整理番号入りのメモリアルピクチャー(記念チケット)をプレゼント。発券時に、ticket boardマイページよりダウンロードできます。


公演オフィシャルサイト:http://ynos.tv/hostessclub/schedule/20190422.html


ダンスミュージック/サンプリング界の鬼才として現代の音楽業界にその名を轟かせるマシュー・ハーバート。RAINBOW DISCO CLUBへの出演が先日発表された彼が4月に全国4か所をまわるDJセットでの来日公演を開催することが決定しました!HOSTESS CLUB ALL-NIGHTERのレジデントDJとして2015年から3年連続での出演を果たしていた彼ですが、DJセットでのジャパンツアーはなんと10年以上ぶり。様々な名義で多岐に渡るジャンルを開拓する彼の真骨頂であるダンスミュージックをベースにハウス、テクノからヒップホップ、ドラムンベース、エクスペリメンタル・ミュージックまでを縦横無尽に行き交う唯一無二のセットを披露します。

更に待望のツアー開催を祝して全国各地で豪華なゲストアーティストが登場。初日となる東京公演にはYoshinori Hayashiと食品まつり a.k.a foodman、札幌公演にはNaohito UchiyamaとOGASHAKA、福岡公演にはT.B. (otonoha / under bar)が出演、そして京都公演にはmetomeがLive Setで登場しツアー最終日の夜を彩ってくれます。2月23日(土)午前10時からはticket boardにてチケット先行予約受付がスタート。世界でも多くのファンを持つマシューのDJセットは見逃し厳禁です!


 


■Matthew Herbert


1972年、BBCの録音技師だった父親のもとに生まれる。幼児期からピアノとヴァイオリンを学ぶ。エクセター大学で演劇を専攻したのち、1995年にWishmountain名義で音楽活動をスタートさせる。以降、ハーバート(Herbert)、ドクター・ロキット、レディオボーイ、本名のマシュー・ハーバートなど様々な名義を使い分け、次々に作品を発表。彼の作品はミニマル・ハウスからミュジーク・コンクレート、社会・政治色の強いプロテスト・ポップに至るまでジャンル、内容を越え多岐に亘っている。また、プロデューサーとしても、ビョーク、REM、ジョン・ケイル、ヨーコ・オノ、セルジュ・ゲンズブール等のアーティストのプロデュースおよびリミックスを手掛けている。2010年、本名であるマシュー・ハーバート名義で「ONE」シリーズ3作品(ワン・ワン、ワン・クラブ、ワン・ピッグ)をリリース。2014年には4曲収録EPを3作品連続でリリースしている。そして2015 年に『ザ・シェイクス』を発表しHOSTESS CLUB ALL-NIGHTERで来日公演を行う。2016年、アルバム『ア・ヌード(ザ・パーフェクト・ボディ)』を発表。2015年から開催されたHOSTESS CLUB ALL-NIGHTERではレジデントDJとして3年連続出演、更に2017年にビッグ・バンドとしてモントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン、ブルーノート・トウキョウ(単独2日間)での来日公演を行った。